《渋谷》駅から近いインプラント治療の出来る歯医者《駅チカ》

《渋谷》駅から近いインプラント治療の出来る歯医者《駅チカ》

《渋谷》駅から近いインプラント治療の出来る歯医者《駅チカ》

 

村松歯科

住所

東京都渋谷区神南1-20-9 パークウェイ渋谷7階

アクセス

渋谷駅より徒歩3分

定休日

水曜・日曜・祝日

その他

★予約制

 

 

 

インプラントのデメリットは?


インプラントは虫歯や歯周病など何らかの原因で歯が抜けてしまったときに、人工歯根と人工歯を取り付けて治療します。
歯が抜けた後の治療法には部分入れ歯やブリッジもありますが、インプラントはあごの骨に固定されているためにこの中では咀嚼力が一番高いです。
審美性にも優れており、一見人工歯とは分からないくらいなので、口を開けて笑顔を見せるのに抵抗を感じなくなります。
いろいろなメリットがありますが、インプラントは手術が必要です。
手術中は麻酔が効いていますし、手術後は鎮静剤が使用されますのであまり痛みを気にする必要はないですが、
100%手術が成功するわけじゃなく、失敗のリスクも若干ながら残っています。
あまり技術力のない歯科医師に手術してもらうと失敗のリスクも高まります。
通常2回の手術が行われ、完成されるまでに期間が半年から1年ほどもかかってしまいます。
その間は仮歯で過ごすことは出来ますが、多めの期間を見ておかないといけないです。
さらに高額な治療費がかかりますが、保険が適用されない自費診療なので全額自己負担しないといけないです。
インプラントシステムなどにもよりますが、インプラント1本あたり30万円から50万円はかかると言われています。
親が乱杭歯だったのがきっちり子にも遺伝し、それを気にした親が「小さいころに矯正しておくと大人になった時きれいな歯に!」というキャッチコピーに踊らされた結果、子は毎月歯医者に通わされるようになり、……立派過ぎる歯医者嫌いへと成長しました。 何が嫌だったといえば抜歯です。今「抜かずに矯正」をうたう歯医者が増えたことから察することができるように、以前は矯正といえば抜歯がつき物でした。加えて当時はプレ麻酔というものも無ければ、そもそも痛くない麻酔をするにはということに気を配る歯医者も皆無でした。麻酔をするための機械?そんなものはありません。全て歯医者自身による手打ちでした。結果、抜歯=激烈に痛いというイメージとそれに伴う恐怖心が根深く植えつけられてしまったのです。麻酔後の注射針を見ると、最初まっすぐだった針が物凄い角度に曲がってしまっていたのも恐怖を煽るには十分でした。 最近どうしても麻酔を掛けての歯科治療をせざるを得なくなり、恐る恐る施術してもらったところ麻酔が恐ろしく軽く、痛くなく、そしてあっという間に終わった事に驚きました。だからといって歯医者に対する恐怖心が軽減したかといえばそうではなく、やはり歯医者は嫌いだといわざるを得ないのですが……こんな無駄な恐怖心を覚えさせた当時の歯科医を恨むと同時に、自分の子供にそんな思いはさせたくないな、そのためにはリサーチをきちんとしないと、と心から思っています。